第7回世界水フォーラム

第7回世界水フォーラムの報告


サイドイベントの写真

ジャパンパビリオンの写真

フォーラム会場

セッション3.2.3の写真

第7回世界水フォーラムが、2015年4月12日から17日にかけて、韓国の大邱・慶北市で開催され、世界168の国と地域から41,000人が参加しました。2003年京都・琵琶湖淀川地域で開催された第3回世界水フォーラムに次いで東アジアでの開催となりました。

名古屋の関係では、3つの取り組みが行われました。

①    テーマ別プロセスでは、(Management and Restoring Ecosystems for Water Services and Biodiversity)の中のEco-hydrology (becoming integrative, transdisciplinary water, environment and sustainability science)に関するセッション3.2.3において、昨年名古屋で開催された第5回緩速・生物ろ過国際会議の成果を伊佐治知明氏(名古屋環未来研究所理事)が発表しました。

②    4月15日にサイドイベント「シンプル・低価格技術の活用による非都市地域の水課題の解決(SE0089)」を開催しました。主催は、特定非営利活動法人日本水フォーラム及びシンプル・低価格技術研究会(名古屋環未来研究所の山田雅雄代表理事が議長)が共同で行い、ADB, JICA, JETRO、UNDPが後援しました。

③    名古屋環未来研究所を含む「水のいのちとものづくり中部フォーラム」が日本パビリオンに出展しました。


全体報告(山田代表執筆)
水文生態学のセッションでの発表
サイドイベントのプログラム(日本語)
サイドイベント日英のレポートと写真
個別発表はこちら

第7回世界水フォーラムサイドイベントの案内

開催趣旨/Abstract

国連の報告によると、安全な飲料水の確保状況は、都市と農村のギャップが際立っており、地球上で安全な水に浴さない人の数10億人の内、7億4300万人が農村部であり、世界の農村人口の84%にあたることが、世界の水と衛生問題の課題のひとつとなっている。都市においては、大規模な事業や投資が導入されやすいのに対して、非都市域はこうした取り組みから取り残されがちであり、都市との格差は拡大する一方である。
このような状況の中で、非都市域での対策を促進するためには、できるだけ安価で維持管理の容易なシンプル・低価格技術の活用が必要である。飲料水、廃水処理、廃棄物処理分野での適用が有望視されるシンプル低価格技術を取り上げ、特に非都市地域の課題解決への効果を検証するとともに、今後の取り組みの方向と推進方策を明らかにする。

詳細はこちらへ

According to United Nations, gaps on safe drinking-water supply between urban and rural is significant and 743million rural population (84% of 1 billion unserved) does not have access to safe drinking water. This fact has been recognized as one of the major issues in the water and sanitation problem in the world. Such gaps between urban and rural (non-urban) has been expanding under the condition that rural (non-urban) tends to be left behind from the development with large-scale investments and sophisticated technologies.
Under such conditions, simple and low-cost technologies, which are easy on operation and maintenance, are required. This side event will organize a symposium focusing on simple and low-cost technologies, whose application is desirable for the development in non-urban area, showing promising examples on drinking-water, waste water treatment and human waste
disposal. While verifying the effects to the solution for non-urban

area in particular, the future direction and promotion policy will be discussed and identified.

For more detail

詳細企画内容/Detail program

広告C1 広告C2 広告C3 広告C4 広告C5
■住所:名古屋市中村区名駅4-25-17三喜ビル7F  ■電話:052-485-5147  ■FAX: 052-485-5101 一般社団法人名古屋環未来研究所(WA-Links)