第7回世界水フォーラムの報告


サイドイベントの写真

ジャパンパビリオンの写真

フォーラム会場

セッション3.2.3の写真

第7回世界水フォーラムが、2015年4月12日から17日にかけて、韓国の大邱・慶北市で開催され、世界168の国と地域から41,000人が参加しました。2003年京都・琵琶湖淀川地域で開催された第3回世界水フォーラムに次いで東アジアでの開催となりました。

名古屋の関係では、3つの取り組みが行われました。

①    テーマ別プロセスでは、(Management and Restoring Ecosystems for Water Services and Biodiversity)の中のEco-hydrology (becoming integrative, transdisciplinary water, environment and sustainability science)に関するセッション3.2.3において、昨年名古屋で開催された第5回緩速・生物ろ過国際会議の成果を伊佐治知明氏(名古屋環未来研究所理事)が発表しました。

②    4月15日にサイドイベント「シンプル・低価格技術の活用による非都市地域の水課題の解決(SE0089)」を開催しました。主催は、特定非営利活動法人日本水フォーラム及びシンプル・低価格技術研究会(名古屋環未来研究所の山田雅雄代表理事が議長)が共同で行い、ADB, JICA, JETRO、UNDPが後援しました。

③    名古屋環未来研究所を含む「水のいのちとものづくり中部フォーラム」が日本パビリオンに出展しました。


全体報告(山田代表執筆)
水文生態学のセッションでの発表
サイドイベントのプログラム(日本語)
サイドイベント日英のレポートと写真
個別発表はこちら

広告C1 広告C2 広告C3 広告C4 広告C5
■住所:名古屋市中村区名駅4-25-17三喜ビル7F  ■電話:052-485-5147  ■FAX: 052-485-5101 一般社団法人名古屋環未来研究所(WA-Links)